投稿日:
最終更新:

CDの曲がiPhoneで再生・ダウンロードできない時の対処法

macOSのミュージックアプリ(旧iTunes)でCDを取り込んだものの、iPhone/iPadでダウンロードや再生ができない。曲名が表示されているのに「この曲が同期されていないデバイスがあります」と出てしまう。そんな時は拡張子をm4aにそろえて、それでもダメなら変換し直してみよう。

せっかくPCに曲を取り込んで、ライブラリ同期もONにしたのに、iPhoneで見るとダウンロードされていない。

再生できないし、ダウンロードしようとしても「この曲が同期されていないデバイスがあります」と出てしまう。そんな時はどうすべきなのか紹介する。

 

まずは拡張子をチェック

こちらが今回「パソコンで聞けるのにスマホで聞けない」問題が発生したCD。原因は「iOSのミュージックアプリが.mp4の拡張子を音楽として認識してくれない」ことである。macOS側では何の警告も出ないので、余計ややこしい。パット見では問題がないのである。

同期に問題がある音楽を右クリックして、「情報を見る」を押してみよう。

「ファイル」をクリック。AACではなく「MPEG-4ビデオファイル」となってしまっている。PCやウォークマンはこのままでも再生できるが、iPhone/iPadでは再生できないのだ。

「ファイル」タブの下の方には、アドレスが書かれている。そこを右クリックして、「Finderで表示」をクリックしよう。

するとこんな感じで「全部MP4になっている」はずだ。mp4もm4aも中身は変わらないが、iOSはなぜか「mp4」を無視してしまう。

そこで、ファイルの拡張子をAppleの「m4a」にそろえてみることにした。

 

MacのFinderで拡張子を一気に変える方法

Finderメニューの「環境設定」を開く。

「拡張子を変更する前に警告を表示」のチェックを外す。

MP4ファイルを全部選択して右クリック。「○○項目の名前を変更...」をクリック。

「mp4」を「m4a」に置換する。(もしかしたらmp4という名前の入った音楽があるかもしれないので、両方にドットを付けたほうがいいかもしれない)

これでmp4がm4aに変わった。しかし...

 

それでもダメなら「AACバージョンを作成」をクリック

筆者の場合はなぜかm4aに変えただけではiOSに同期されなかった。最終手段として、PC側で変換し直すことにした。

ミュージックアプリ(PC)で曲を全選択。

「ファイル」→「変換」→「AACバージョンを作成」。ファイルの複製が心配だが、筆者の場合は勝手に新しいファイルで置換された。

流石にApple側で変換してもられば、iPhoneでも無事再生できるはずだ。もしここで同期がうまく行かない場合、PC側のミュージックの環境設定で「ライブラリ同期」をオン・オフしてみよう。

 

コメント

記事の内容が最新のものと異なる場合があります。ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください