投稿日:
最終更新:

マインクラフトのゲーム機版が消えるまで

マインクラフトはかつて、パソコンでしか遊べないゲームでした。しかし2011年にスマホ向けに「ポケットエディション」が配信。トイレの中で遊んでいるPVを覚えている人はいますか? まだ開発が始まったばかりですし、スマホの性能も今とは大違いですので、当時のPEの内容はPC版には遠く及びませんでした。

そして2012年5月に、初のゲーム機版である「Minecraft: Xbox 360 Edition」が発売されます。先述したとおり、これは4J Studiosが移植開発を担当しました。ゲーム機版はできるだけPC版に近い内容を目指して開発されており、当時はPEとゲーム機版では内容の差は一目瞭然でした。

ところがスマホ版は爆発的な人気になり、プレイヤーはどんどんアップデートを求めるようになります。Mojangもそれは認識しており、結果PEは驚異的な速さでアップデートがされ、どんどん要素が充実していきました。

一方で、色々なゲーム機でマイクラを遊びたいという要望も絶えません。みるみるうちにマイクラを遊べるゲーム機が増えていきました。ユーザーの要望にちゃんと応えてくれるMojangと4Jは素晴らしい会社ですよね。

そうそう、MicrosoftがMojangを買収したことを忘れてはいけませんね。2014年のMSによる買収以来、PEの開発にMicrosoft Studiosが参加し、Windows10へPEが移植されました。(スマホとWin10のクロスマルチプレイはこの頃からできていました) またPEは0.12~1.0までの怒涛の大型アップデートを経て、ゲーム機版にない要素まで追加され、もはやJava版にすらない要素まで追加されはじめました。何ページにも渡るアップデート内容をまとめていた頃が懐かしい。

アプリ進化しすぎ

色々な機種に移植されたゲーム機版。進化しまくったスマホ版。「ゲーム機とスマホで一緒に遊べたらいいのに…!」それは多くのクラフターにとっての夢でした。そこで開発陣はとある妙案を思いつきます。

ゲーム機で動かせばよくね

「スマホ版をゲーム機で動かせばいいのでは…?」

そう、昨年のE3で発表された「Better Together Update」は、ざっくり言えば「スマホ版をゲーム機に移植するプロジェクト」なんです。

昨年の9月にPC版は「Java版」になりました。スマホ版の名前が「Minecraft」になり、さらにXboxOneに新しい「Minecraft」が配信されました。

そして2018年6月21日。幾度もの延期を経て、ついにNintendoSwitchに、『Minecraft』が配信されました。めっちゃ壮大なストーリーでしょ?

これが現在のグループ分けです。PS4は当初、クロスマルチプレイには参加できませんでしたが、現在は統合版が配信されたため、問題なく一緒にプレイできます。

コメント

記事の内容が最新のものと異なる場合があります。ご了承ください。

“マインクラフトのゲーム機版が消えるまで” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    ドメイン変えました?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください